名前:みみず、earthworm
1988年8月17日生まれ
大学鉄研出身
2015年1月10日JR全線完乗。
頻尿で他の人よりトイレ使用頻度が高くて、結果的にトイレ好きになりました。
アルコールを受け付けない一方で、牛乳をいくら飲んでもお腹を壊さないので、ひたすら飲んでいます。
旅や鉄道に関する役に立たない文章を書いています。
若干役に立つものについては、主に雑誌で書いています。このブログは駅と列車のトイレのブログです。「トイレの写真を嬉しそうに公開するのはどうかと思う」と言われたので。かわいそうなトイレの避難先を喜々として作りました。
他のコンテンツについては、以下からどうぞ。
メインのページ
100%鉄道大好き宣言(鉄道ブログ)

ミルクタンクタイム(牛乳ブログ)
連絡先

2015年06月12日

人吉駅

 男女共用のトイレと、男女分かれているトイレがあります。そのうち前者については、入口が一つしかなくて、なおかつ「男子トイレ」「女子トイレ」の表記もなく、ただ「トイレ」とだけ書かれています。

resize0167.jpg

 肥薩線人吉駅の写真です。左上に写り込んでいるのは、私の指です。機械にめっぽう弱い人みたいな写真ですね。たまにやらかします。
 別に駅の紹介がしたいのではなくて、駅のトイレの紹介がしたいんです、わたし。

resize0166.jpg

 人吉駅のトイレは、左手が個室で、右手が小便器です。わざわざ「女」「男」の暖簾が出ていますが、入口は同じです。
 入って右側で男性が用を足している瞬間に、女性が左手の個室で同様に用を足すことができます。あるいは、左手の個室を男性が浸かっていると、女性は困ります、おそらく。ここでわざわざ性別の暖簾を出す必要があるのかは不明ですね。
 しかしあれですよ、暖簾一つでだいぶ雰囲気変わります。ただの「古いトイレ」がなにやら「味のあるレトロトイレ」に見えてこないこともないです。もしかしたら暖簾があることにより、このトイレを厭わずに使う人が増えたりしているんじゃないでしょうか。駅側が積極的にトイレ使ってほしいと思っているのかどうかは不明ですけども。



posted by みみず at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

豊後高田バスターミナル(旧大分交通参宮線豊後高田駅)

 大分の豊後高田というところは、「昭和の町」で町おこしをしています。商店街は飾りじゃなくて、本物です。

resize0162.jpg
resize0164.jpg

 豊後高田にはかつて列車が走っていました。1965年に廃止された、大分交通参宮線です。今は、当時の豊後高田駅が、大交北部バスの豊後高田バスターミナルとして利用されています。

resize0160.jpg

 ここはかつてのホームの名残でしょうね。こんな風に立派なホームということは、つまりトイレも期待ができます。

resize0159.jpg

 「御手洗所」に導かれるままふらふらと進みます。

resize0161.jpg

 これ以上の写真は生々しいのでやめておきますが、立派な男女共用便所でした。個室一つだけの男女共用とか、和式便器と小便器一つずつの男女共用とかは、結構あちこちで見かけますが、この坪数で男女共用は中々ない気がします。
 この日のことは、現在同時進行的に鉄道ブログにも書いていますので、合わせてどうぞ。

2015年5月2日訪問
posted by みみず at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。