名前:みみず、earthworm
1988年8月17日生まれ
大学鉄研出身
2015年1月10日JR全線完乗。
頻尿で他の人よりトイレ使用頻度が高くて、結果的にトイレ好きになりました。
アルコールを受け付けない一方で、牛乳をいくら飲んでもお腹を壊さないので、ひたすら飲んでいます。
旅や鉄道に関する役に立たない文章を書いています。
若干役に立つものについては、主に雑誌で書いています。このブログは駅と列車のトイレのブログです。「トイレの写真を嬉しそうに公開するのはどうかと思う」と言われたので。かわいそうなトイレの避難先を喜々として作りました。
他のコンテンツについては、以下からどうぞ。
メインのページ
100%鉄道大好き宣言(鉄道ブログ)

ミルクタンクタイム(牛乳ブログ)
連絡先

2015年07月01日

矢岳駅

 いずれは、西のトイレ横綱と東のトイレ横綱のようにマイトイレ番付を作りたいと夢見ているところです。しかし横綱になるとあとは引退するだけなので、番付ではなく、入れ替えの可能性があるただのランキングの方がいいかもしれませんね。
 今日は、暫定西のトイレ横綱を紹介します。それは肥薩線矢岳駅のトイレです。

resize0174.jpg

 駅名表の後ろに見える小屋がまさにトイレです。 このトイレの素晴らしさは正面から見据えないと分かりません。

resize0175.jpg

 トイレのよくあるタイプは、正面で二つに区切られていて、性別によって入口が違うタイプなのですが、矢岳駅の場合は、かくも美しき左右対称でございます。これはどういうことか覗くしかないですね。

resize0176.jpg

 斜めから眺めたらこんな感じです。もう少し近づくともっとわかります。

resize0177.jpg

 これで分かりますか。真中に小便器が2つ設置されていて、その両端を個室が固めているのです。こんな構造の駅トイレは初めて見た気がします。
 男性の場合はこの小便器を利用することになりますが、そうするとご覧のように実にオープンな環境で用を足すことができます。雨もそよ風も感じることができます。ちなみにこれだけオープンなおはお互いさまで、見学するぞ!と思ったら男性がここで用を足していました。
 一応このトイレの前にある板がもろもろを隠しているつもりなのでしょうけど、それは列車に乗ってる人から見た場合にのみ有効であり、この駅に降り立ってしまったらなんの役にも立ちません。見たい、見たくないにかかわらずトイレ見学せざるをえないでしょう。
 ついでに個室の様子も載せておきます。

resize0178.jpg

2015年5月3日訪問。

posted by みみず at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | や行の駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。